お仕事、経済、生活、投資、クレカ、芸能、アニメのお金関連記事をまとめたブログ


【製品】MAYA SYSTEM、クラウドSIMスマホ「jetfon」8月発売【海外渡航者向け】

2018.07.20

2 comments

1:へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/07/17(火) 16:25:10.14 ID:CAP_USER.net
 MAYA SYSTEMは、クラウドSIM技術を採用するスマートフォン「jetfon」を発表した。8月中に発売する予定で、8月1日から予約受付を開始する。端末価格は3万9800円(税抜)。販路などはあらためて案内される。

jetfonは、クラウドSIM技術により、海外渡航時に現地で最適な通信会社を選択して接続できるスマートフォン。基本料は0円で、必要なときに通信量を購入する形。1日300MBの場合、アジアでは380円~、欧州・北米・南米・オセアニアでは580円~、アフリカでは680円~。使用量の上限に達したあとは256kbpsで通信できる。日本国内でも、アジアの料金で利用できるが、消費税がかかる。日本で購入し、海外到着後に利用を開始すると、利用期間のカウントがスタートする。

2カ国以上の周遊プランも用意されるとのことで、まずは欧州で利用できるプランが提供される予定。今後、アジアやグローバル対応の周遊プランの追加も予定されている。



特徴的なプランとして、「中国VPNプラン」が用意される。中国国内でも、GoogleやLINEなどが利用できるというものになる。

料金の支払いは、クレジットカードやPayPal。法人は請求書払いでも利用できる。

□ハードウェアの特徴
スマートフォンとしては、ucloudlinkが開発したものをベースとしており、5.5インチのフルHDディスプレイや、Snapdragon 652、4GBのメモリ、64GBのストレージを採用する。OSはAndroid 7.1.2。バッテリーは2900mAh。Jアラートにも対応する。






100以上のエリアで利用できるようにするため、通信方式や対応周波数帯(バンド)が幅広いことも特徴の1つに打ち出す。たとえば、最近、楽天やauに割り当てられた1.7GHz帯(バンド3)もサポートする。LTEの対応バンドはB1、2、3、4、5、7、8、9、12、13、17、18、19、20、25、26、28、38、39、40、41。2G(GSM)、3G(W-CDMA、CDMA2000)、TS-SCDMA、LTE(FDD/TDD)といった通信方式をサポートする。国内ではVoLTEも利用できる(auはソフトウェアアップデートで対応)。Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)やBluetooth 4.0をサポート。FMラジオ機能も備える。

クラウドSIMだけではなくDSDSもサポートする。nanoSIMカード2枚(1枚はmicroSDカードと排他利用)まで装着できる。たとえば国内でMVNO×2、あるいはMVNOと大手キャリアといったSIMカードを装着しておき、海外渡航時にクラウドSIMをONにして、物理的なSIMカードスロットのどちらかをオフにする、といった使い方ができる。

【お詫びと訂正 2018/7/17 11:42】
記事初出時、FREETELから発売というタイトルとしていましたが、MAYA SYSTEMの製品ながらFREETELブランドではありません。お詫びして訂正いたします。

2018年7月17日 11:14
ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1133106.html

 

3:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 16:41:23.79 ID:EDCt1xvH.net
>>1
ええやん

と思ったけど普通にたけーな
めんどくさがる奴は海外ローミングやるし
ケチる奴は大人しく海外sim買うやろこんなん

 

2:へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/07/17(火) 16:25:20.27 ID:CAP_USER.net









□まずは法人向けに
海外でも、SIMカードを購入することなく、そしてローミングよりも割安な料金で利用できることを特徴に打ち出す「jetfon」。裏を返すと、これまでの海外渡航時の通信手段は、手間がかかる、あるいは料金が割高という課題があった。

左からjetfon開発マネージャーの南健太郎氏、MAYA SYSTEM社長の井上千鶴氏、jetfonプロダクトマネージャーの國嶋氏

たとえば日本国内で使っている回線を、そのまま海外に持ち込む、いわゆる海外ローミングの場合、特に設定は不要ながら、料金が1日980円といった形。これによりも割安な手段としては、現地の通信会社が提供するプリペイドSIMやモバイルWi-Fiルーターのレンタルが挙げられるが、たとえばプリペイドSIMでは購入や設定の手間、モバイルWi-Fiルーターは荷物が増えたり返却の必要があったりする。


MAYA SYSTEM自身、jetfonと同じ仕組みを使ったモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスを提供してきたが、jetfonを提供することで、料金面、そして利便性で強みを打ち出す。個人ユーザーのみならず、法人での採用を目指したいと語るのは、7月にMAYA SYSTEM社長に就任した井上千鶴氏。





井上氏は、jetfonや、既存のモバイルWi-Fiルーター「jetfi」を含めた通信事業をMAYA SYSTEMの中でも成長させたいと意気込んでおり、「次のラインアップ、次の製品企画を始めている。驚いていただけるものを出したい」と、継続して開発していく姿勢をアピールしていた。

スレッドURL:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1531812310/

スポンサーリンク

5:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 16:45:29.20 ID:HG0lNJH9.net
Mayaで思いつくのはalias wavefrontの3Dソフト

 

6:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 16:49:39.13 ID:XcXjSMnh.net
どっかに行くたびにとりあえず現地simを調達してた人には選択肢になりえるとは思う

 

7:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 16:50:49.12 ID:Z0OJqv8A.net
いらねー aisのsim2flyでいいだろ

 

8:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 16:57:09.39 ID:WfOnv09d.net
MAGI SYSTEM まだ?

 

9:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 17:17:39.81 ID:K0ynnnwe.net
オススメはメルのMaya Melphariaだよな

 

10:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 17:22:39.58 ID:3J1/gECa.net
eSIMとか言うのとはまた別なんか?

 

15:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 17:42:02.98 ID:mJmCUNJO.net
たった0.2%程度のコスト
(低速無制限の会社で驚くほど低い比率)を惜しんで3日366MB超過→0~10kbps規制
そして10kbpsにして全く動けないようにしたうえで、動かしてやるから1GB2160円払えw

IIJmioがやってる商売はこれ
10kbps規制を契約前の客に隠しておいて、少しだけ多めに使った客を1~10kbps動けないほどボコボコに…
自ら徹底的にボコって動けなくしたくせに、
治療して動くようにしてやるから50万出せよ
悪く言えばこういう商売
Y!mobileもやってるけど、IIJmioは本当に何も出来ないほどの速度規制だから最も悪質
MVNO界のSoftBank以上悪質極まりない通信会社

 

19:名刺は切らしておりまして 2018/07/18(水) 20:17:46.27 ID:oKgvXcLZ.net
>>15
4日目で制限だから二枚もちで切り替えれば。

 

16:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 22:14:55.25 ID:vknH1RdM.net
防水ない・中国くさい
解散

 

17:名刺は切らしておりまして 2018/07/17(火) 22:34:16.84 ID:v4hCdy35.net
スマホいらない
SIM契約だけほしいわ

 

18:名刺は切らしておりまして 2018/07/18(水) 06:55:24.29 ID:HVM//aJ7.net
毎月2000円ポッキリの通信契約出して欲しいわ
パケも通話もほとんどしていない時にもキャリアのは高いんだよなぁ

 

20:名刺は切らしておりまして 2018/07/19(木) 04:39:10.40 ID:WvsHRwKD.net
他社なら1枚持ちでいけるから
IIJやDMMだと高くつくんだよね

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク


カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーリンク


逆アクセスランキング


RSS